ボディビルダー 田代誠選手有酸素運動でのポイントは?

田代誠選手 有酸素運動でやせる際の注意点は

Tarzan (ターザン) 2014年 6/12号 [雑誌]
ボディビルダー・田代誠選手は、

 

・19歳でミスター鹿児島大会3位
・2001年から日本選手権4連覇
・2013年の世界選手権3位
・2014年のアーノルド選手権3位

 

と輝かしい実績を残す、押しも押されもせぬ実力者です。

 

 

雑誌「Tarzan」に、田代選手のインタビュー記事がありました。

 

 

具体的な重量やメニューなどはわかりませんが、スケジュールの概要や田代選手の有酸素運動に対する考え方など役に立つ情報があるので紹介します。

 

「カラダを7分割してウェイトトレーニングを行っています。だから、毎日ですね。

 

それにプラスしてシーズン中は有酸素運動を朝夕1時間ずつ。ウォーキングです。

 

それに大会前には減量をしなくてはならない。
オフが77〜78kgですから、8kgぐらいは落とします。

 

我々の場合は筋量は絶対少なくしたくないんですね。

 

だから普通は4ヵ月以上かけて痩せます。

 

ポイントは有酸素運動でキツいことはない。
ランニングはダメです。
ウォーキング。

 

トレーニングに関しては、多くの人は精神的に負けてしまう。
減量して調子が悪くなると、負けちゃって重量を落としてしまう。

 

そうなると、どんどん筋量が落ちる。
だから、がんばって重量を落とさないことが肝心なのです」

 

トレーニング法は各選手独自のやり方があるものですが、田代選手のようなトップビルダーの方法は必ず参考になるのではないでしょうか。

 

 

このコンテンツは雑誌Tarzan 2014年 6/12号103ページを参考にしました。

 

 

 

>

 

 

筋トレ器具・サプリ通販まとめ ティズスタイルやアマゾンへ

山田豊治氏 本物のスロートレーニング
日本に初めてスロートレーニングを紹介した山田豊治氏の教材です。自宅でもできる、本物のスロートレーニングを解説。

小川淳のハイインテンシティトレーニング
ヘビーデューティートレーニングの第一人者、小川淳氏が指導。たった1セットで筋肉を限界まで追い込む自宅トレーニング。

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド
日本人初のミスターカリフォルニア・ライトクラスチャンピオン・北島達也氏監修。ハードゲイナーがバルクアップするための具体的方法を解説。

劇的に変化する!ホワイトハルク下田雅人の自宅でできるジャイアントセット
1日15分のトレーニング。筋肉最深部をダイレクトに刺激する110種目を公開。

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ
「月刊ボディビル」で大反響!外科医浅見尚規氏の「筋腹」を意識し、軽いウエイトでバルクアップさせるトレーニング。肩、胸、背中のトレーニングに特化しています。