パワーリフティング大谷選手がタバタ式トレーニングを行う理由

大谷憲弘選手のトレーニングメニュー 試合運び ターザンより

パワーリフティング選手の大谷憲弘選手は、2015年6月に行われた全日本パワーリフティング選手権74kg級で優勝を果たしました。

 

(この記事は、雑誌「Tarzan」2015年 10/22 号を参考にしています)
ターザン 2015年 10/22 号
ターザン 2015年 10/22 号 [雑誌]

 

パワーリフティングはスクワット、ベンチプレス、デッドリフトの3種目の最大挙上重量の合計を競います。

 

大谷選手が優勝した際の記録は以下のとおりです。

 

スクワット 305.5kg
ベンチプレス 225kg
デッドリフト 260kg
(トータル 790.5kg)

 

 

この日本一の記録は、どのような鍛錬によってつくられるのでしょうか?

 

大谷選手のトレーニングは5週間をひとつの区切りとしています。5週間練習したら、1週間休むというルーティンの繰り返しです。

 

 

そして、さらに5週間を4日ごとに区切ります。

 

1日目 スクワット
2日目 ベンチプレス
3日目 デッドリフト
4日目 補助的運動

 

 

運動強度は、最初の1回の4日間はごく軽い重量で行い、あとは自分のマックスを狙っていく練習を5週間ずっと行います。

 

 

そして最後に、「TABATAプロトコル」というトレーニングを行います。

 

これは20秒間激しく動き、10秒休むを8セット繰り返すトレーニングです。

 

究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング
究極の科学的肉体改造メソッド タバタ式トレーニング

 

最大酸素摂取量を上げるのに絶大な効果があるとされる運動ですが、パワーリフティングに最大酸素摂取量はそれほど必要とされていません。

 

このトレーニングを行う理由を、大谷選手は次のように語っています。

 

「そうですね。ただ、練習では力を出し切るようにしたい。TABATAプロトコルではそれが可能なんです。

 

もちろん、このトレーニングをやったからって重量を挙げることには直接繋がりません。ただ、カラダのベース作りはできる。

 

つまり、このトレーニングで作ったカラダでパワーリフティングの練習をより向上させていけるわけなんです」

 

 

TABATAプロトコルは、重量を挙げて記録を伸ばすためというより、練習の効果を高めるために行っている、というのが正解のようです。

 

 

アスリートは参考になる考え方かもしれません。

 

 

大谷選手は、2012年優勝、13年準優勝、そして14年と15年は二連覇の偉業を達成しています。

 

Tarzanの記事には、勝ち続けるための考え方、試合運びについての大谷選手のコメントもありました。

 

「効率良い練習のやり方や、質や量の上げ方も自分で把握できるようになったし、リカバリーの方法もわかってきた。

 

それに、試合の運び方も確立することができました。

 

プレイヤーによって違うと思いますが、私の試合の流れは、まず第一試技では練習でのマックスの90%くらいの数字で行います。これは10回やったら、10回成功する重量です。

 

パワーリフティング入門
パワーリフティング入門

 

そして、第二試技では95〜97%、第三試技では練習で持ったことのあるマックスで行います。

 

第三試技の重さは挙げるタイミングや気持ちやカラダの調子によって、不確定なところがある。だから第二までできっちり取って、第三で冒険するといった感じです。

 

あとは相手がいますので、それに勝つための重量を選ぶこともポイントになってきますね」

 

すでにベテランの域に達している大谷選手(2015年時点で35歳)ですが、「40歳まで大丈夫(本人談)」なので、最終的な目標は世界選手権およびワールドゲームズでの優勝です。

 

 

このコンテンツは、雑誌ターザン 2015年 10/22 号 130〜133ページを参考にしました。

 

 

筋トレバイブル Tarzan 2010年 12/9号

間違いだらけの筋トレ Tarzan 2012年 12/27号

65歳からの健康づくりは5分の筋トレ+もりもり肉料理

 

 

 

 

 

筋トレ器具・サプリ通販まとめ ティズスタイルやアマゾンへ

山田豊治氏 本物のスロートレーニング
日本に初めてスロートレーニングを紹介した山田豊治氏の教材です。自宅でもできる、本物のスロートレーニングを解説。

小川淳のハイインテンシティトレーニング
ヘビーデューティートレーニングの第一人者、小川淳氏が指導。たった1セットで筋肉を限界まで追い込む自宅トレーニング。

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド
日本人初のミスターカリフォルニア・ライトクラスチャンピオン・北島達也氏監修。ハードゲイナーがバルクアップするための具体的方法を解説。

劇的に変化する!ホワイトハルク下田雅人の自宅でできるジャイアントセット
1日15分のトレーニング。筋肉最深部をダイレクトに刺激する110種目を公開。

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ
「月刊ボディビル」で大反響!外科医浅見尚規氏の「筋腹」を意識し、軽いウエイトでバルクアップさせるトレーニング。肩、胸、背中のトレーニングに特化しています。