井岡弘樹選手はタブーとされていた筋トレを有効にとりいれました

井岡弘樹選手と田中誠一教授 ボクサーのウェートトレはタブーだった

元WBC世界ミニマム級(当時ストロー級)チャンピオンの井岡弘樹選手の現役時代は、ボクシングでウェートトレーニングはタブーとされていたそうです。

 

 

井岡選手は88年のWBC世界ストロー級V3戦で王座から陥落してしまいます。

 

 

「勝つためには何か違うことをする必要がある」と感じた井岡選手は、東海大学名誉教授の田中誠一教授に連絡をとります。

 

 

田中教授はトレーニング理論および運動生理学などスポーツ科学の第一人者で、ハンマー投げの室伏重信氏、ブロゴルファーの塩谷育代、宮里藍両選手らの指導を行っています。

 

 

田中教授の指導のもと井岡選手はタブーとされたウェートトレーニングを始めます。

 

 

最初ベンチプレスの重量は40kgでしたが、80kgまで上げられるようになりました。

 

スクワットも当初は100kgをどうにかクリアしていたのが、最終的には200kgまで達しています。

 

 

ウェートトレを行っていたことから、周囲からは好奇の目で見られたそうですが、ミット打ちでも手応えが違ってきて、パンチ力は目に見えてアップしました。

 

 

筋肉をつけると体重が重くなります。
言うまでもなくボクシングでは体重のリミットがあります。

 

 

筋肉を落とすことなく脂肪を減らす必要があるのです。

 

 

そのため井岡選手は走りこみを徹底的に行いました。

 

 

これらのトレーニングを経て、91年12月17日、日本ボクシング史上3人目(当時)の2階級制覇をかけ、WBA世界ジュニアフライ級(現ライトフライ級)王者の柳明佑選手(韓国)に挑戦します。

 

 

柳選手は当時17連続防衛中。

 

 

下馬評は井岡選手が圧倒的不利でしたが、トレーニングによりアップしたパンチ力を12Rフルに発揮し、世界王者に返り咲き、二階級制覇を達成するのです。

 

 

 

 

 

関連ページ

大胸筋が邪魔?イチロー選手
筋肉をつけると見た目には逞しくなりますが機能が損なわれることも
合戸孝二選手のスケジュールとプロテイン
合戸孝二選手のトレーニング日程と使用しているサプリメント
棚橋選手の筋トレ 準備運動 胸筋
棚橋選手はPOFという方法で一日に一部位を鍛えています
棚橋選手の筋トレ 背筋 肩 僧帽筋 脚
棚橋選手の筋トレメニュー セット数をメインに 一部の動作では負荷・重さも紹介しています
角田信朗氏のヘビーデューティートレ
ヘビーデューティートレは超高強度・高負荷での筋トレです 上げ下げにも時間をかけ 筋肉を限界まで追い込みます 日本では小川淳氏が第一人者です
田辺誠選手のスケジュール やせる際の注意点
雑誌「Tarzan」より 田代誠選手のスケジュール 有酸素運動でやせる際のポイントは?
大谷憲弘選手の練習メニュー 試合運びなど
パワーリフティング大谷憲弘選手の試合運びや練習日程 TABATAプロトコルも採用しています
棚橋弘至選手の食事とプロテイン摂取量
雑誌「週刊新潮」の記事から プロレスラー・棚橋弘至選手の食生活とたんぱく質摂取量紹介