井岡弘樹選手はタブーとされていた筋トレを有効にとりいれました

井岡弘樹選手と田中誠一教授 ボクサーのウェートトレはタブーだった

元WBC世界ミニマム級(当時ストロー級)チャンピオンの井岡弘樹選手の現役時代は、ボクシングでウェートトレーニングはタブーとされていたそうです。

 

 

井岡選手は88年のWBC世界ストロー級V3戦で王座から陥落してしまいます。

 

 

「勝つためには何か違うことをする必要がある」と感じた井岡選手は、東海大学名誉教授の田中誠一教授に連絡をとります。

 

 

田中教授はトレーニング理論および運動生理学などスポーツ科学の第一人者で、ハンマー投げの室伏重信氏、ブロゴルファーの塩谷育代、宮里藍両選手らの指導を行っています。

 

 

田中教授の指導のもと井岡選手はタブーとされたウェートトレーニングを始めます。

 

 

最初ベンチプレスの重量は40kgでしたが、80kgまで上げられるようになりました。

 

スクワットも当初は100kgをどうにかクリアしていたのが、最終的には200kgまで達しています。

 

 

ウェートトレを行っていたことから、周囲からは好奇の目で見られたそうですが、ミット打ちでも手応えが違ってきて、パンチ力は目に見えてアップしました。

 

 

筋肉をつけると体重が重くなります。
言うまでもなくボクシングでは体重のリミットがあります。

 

 

筋肉を落とすことなく脂肪を減らす必要があるのです。

 

 

そのため井岡選手は走りこみを徹底的に行いました。

 

 

これらのトレーニングを経て、91年12月17日、日本ボクシング史上3人目(当時)の2階級制覇をかけ、WBA世界ジュニアフライ級(現ライトフライ級)王者の柳明佑選手(韓国)に挑戦します。

 

 

柳選手は当時17連続防衛中。

 

 

下馬評は井岡選手が圧倒的不利でしたが、トレーニングによりアップしたパンチ力を12Rフルに発揮し、世界王者に返り咲き、二階級制覇を達成するのです。

 

 

 

 

 

筋トレ器具・サプリ通販まとめ ティズスタイルやアマゾンへ

山田豊治氏 本物のスロートレーニング
日本に初めてスロートレーニングを紹介した山田豊治氏の教材です。自宅でもできる、本物のスロートレーニングを解説。

小川淳のハイインテンシティトレーニング
ヘビーデューティートレーニングの第一人者、小川淳氏が指導。たった1セットで筋肉を限界まで追い込む自宅トレーニング。

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド
日本人初のミスターカリフォルニア・ライトクラスチャンピオン・北島達也氏監修。ハードゲイナーがバルクアップするための具体的方法を解説。

劇的に変化する!ホワイトハルク下田雅人の自宅でできるジャイアントセット
1日15分のトレーニング。筋肉最深部をダイレクトに刺激する110種目を公開。

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ
「月刊ボディビル」で大反響!外科医浅見尚規氏の「筋腹」を意識し、軽いウエイトでバルクアップさせるトレーニング。肩、胸、背中のトレーニングに特化しています。