高齢になって必要なたんぱく質量と鍛えるべき筋肉

高齢になったらより必要になるたんぱく質 筋トレで健康維持

今後の日本は、「超高齢化社会」を迎えると言われています。

 

 

年を重ねても健康と生活の質を維持するには、筋肉量のキープが欠かせません。

 

そのためには、たんぱく質不足しないよう摂取し、寝たきりにならないよう、適切な部位の筋肉を鍛える必要があります。

 

 

この件について、雑誌「週刊新潮」2014年8月14・21日号に記事がありました。

 

整形外科医・宮田重樹医師の解説です。

 

運動は、腹筋、背筋、太ももの筋肉を鍛えることで、寝たきりを防げます。

 

食事は、まずたんぱく質をしっかりと摂取すること。年を取ると、筋肉を作る効率が落ちますので、若いとき以上に多くのたんぱく質を摂取しないといけない。

 

体重1キロにつき、たんぱく質1グラムを摂っていただきたい。

 

体重が60キロならたんぱく質は一日60グラム。これはささ身300グラムに相当します。

 

高齢者が食べる量としては多いので、卵料理を加えるなどの工夫を。

 

骨のケアにはビタミンDとビタミンK。前者は干し魚、後者は納豆などに含まれています。

 

高齢者も筋トレをすれば理想的ですが、まずは日常生活で身体を動かすことが肝要です。

 

宮田医師の解説を続けます。

 

歳を取ると何事も億劫になってきて、とかく他人任せになりますが、その行き着く先が寝たきりです。

 

若い人と違って75歳以上の人は、一ヵ月寝かしておいたら、ほとんどが寝たきりになってしまいます。

 

買い物をする、食事を作る、掃除をするなど、普通の生活ができるうちは、それを幸せだと感じてやり続けて下さい。

 

週刊新潮2014年8月14・21日号165ページより。

 

「ご長寿姉妹」として有名になった「きんさん・ぎんさん」も、100歳を過ぎて脚の筋トレを行い、筋肉量を増やしていました。

 

 

健康的な高齢者社会のためには、各自が摂取する栄養に気を配り、体を積極的に動かす必要がありそうです。

 

 

「おしり」を鍛えると一生歩ける! 寝たきり・腰痛・ひざ痛を防ぐ

高齢者の筋力トレーニング DVD付き 安全に楽しく行うための指導者向け実践ガイド