60歳になると20歳代よりも脚の筋肉量は40%も落ちてしまいます

サルコペニアとは 筋力の低下とそれにともなう弊害

超高齢化社会といわれる昨今、「サルコペニア」という言葉が注目されています。

 

 

サルコペニアとは、ギリシャ語で肉・筋肉を表すsarxと減少・消失を意味するpeniaを組み合わせた造語で、「筋肉の減少」を意味します。

 

 

筋肉量は20代後半から30歳代をピークに、それ以後は徐々に減少し、65歳以上の4〜5人に一人、80歳以上では2人に一人がサルコペニアになっているという統計もあります。

 

 

高齢化社会でサルコペニアが注目されるのは、高齢者の生活の質に大きく関わるからです。

 

 

サルコペニアになって脚の筋肉が減少すると、つまずいたり転倒しやすくなります。
すると大腿骨や骨盤を骨折し、それをきっかけに寝たきりになることもあります。

 

 

またサルコペニアになると体が動きにくくなり、活動量が減ります。
活動量が減ると食欲が低下し、摂取する栄養量も少なくなります。

 

 

すると健康を維持するのに必要なタンパク質やエネルギーなどが不足し、低栄養状態になります。

 

 

低栄養になるとサルコペニアがさらに進行し、悪循環が始まってしまいます。
こうなると、自体は深刻です。

 

 

高齢になって筋肉量が減ってきても、普通に日常生活を送っている人はたくさんいます。

 

しかし、それは「どうにか問題なく生活できている」状態であり、いつ転倒などのアクシデントを起こしても不思議ではありません。

 

 

「老化は脚から」と言われるように、加齢に伴う筋肉量の減少はまず脚から表れます。

 

 

何も対策をしなければ、60歳代では20歳の時と比べて一般的に腕の筋肉量は10〜15%、脚の筋肉量は40%も落ちてしまいます。

 

 

ある程度の年齢になったら、意識して運動していない限り「筋肉は落ちている」と自覚しておくべきでしょう。

 

 

次のページでは、サルコペニアのセルフチェック法について紹介します。

 

栄養・運動で予防するサルコペニア

 

 

スポンサーリンク

 

 

次のページへ

 

 

 

関連ページ

筋肉をつけると身体が硬くなるのか
筋肉をつけると身体が硬く感じるのは 筋肉痛のせいではないでしょうか
筋肉の様々な働き・機能
筋肉をつけると身体にどのような変化が表れるのでしょうか
筋肉が不必要なケース
競技によっては「余計な筋肉」も存在します
加齢で衰えやすい・衰えにくい筋肉
筋肉によって衰えやすさに違いがあります
負荷に強い腹筋と背筋
腹筋と背筋は負荷に強く オーバーワークしにくい筋肉です
骨格筋の主な三つの働き
骨格筋は身体を動かす以外にも機能があります
人種による筋肉の違い
黒人は生まれつき太い大腰筋を持っています
サルコペニアのセルフチェック法 握力など
握力や簡単な動作 歩行速度などでサルコペニアを自己チェックしてみましょう 体組成計で筋肉量を測るかふくらはぎの太さでも
ランナーに必要な筋肉と日本人の大腿四頭筋
日本人は大腿四頭筋が発達しやすいのですが ランニングにおいてはそれが不利な条件になることもあるのでハムストリングスも重要です