筋肉量が減るサルコペニアをふくらはぎの太さでチェック

サルコペニアの自己チェック法 握力や簡単な動作で

前のページで、サルコペニアの概要と危険性について紹介しました。

 

 

サルコペニアには、自己チェックをする基準があります。
ある程度の年齢に達したら、自身の筋肉量や筋力が減っていないか調べてみましょう。

 

 

■筋力をチェックする

 

まず、握力を計ります。

 

 

・男性で26kg未満
・女性で18kg未満

 

 

であれば、筋力の衰えが疑われます。

 

握力計がなければ、次の動作を行ってみましょう。
ひとつでも当てはまると、筋力の衰えが疑われます。

 

 

1 高さ40cmの椅子から片足を浮かした状態で立ち上がり、立った姿勢を3秒間維持できない

 

2 片足立ちを1分間続けられない

 

3 片足立ちをしたまま靴下を履くことができない

 

 

もうひとつ、歩行能力もチェックします。

 

■歩行能力をチェック 横断歩道を青信号で渡りきれるか

 

加齢により脚の筋肉が衰えると、歩く速度が遅くなります。

 

秒速0.8m以下になると歩行能力の衰えが疑われます。

 

 

歩道の長さや青信号の時間は交通量によって異なりますが、横断歩道を青信号で渡れれば問題ありません。

 

渡りきれなければ、歩行能力の低下を疑いましょう。

 

 

筋力と歩行能力をチェックして、どちらかひとつでも当てはまれば、次に筋肉量をチェックします。

 

以下のいずれかが当てはまる場合は、サルコペニアが疑われます。

 

 

■体組成計がある場合
筋肉率を計測します。以下に当てはまればサルコペニアです。

 

・男性 筋肉率27.3%未満
・女性 筋肉率22.0%未満

 

 

■体組成計がない場合
指輪っかテストを行います。

 

両手の親指と人差し指で輪っかを作り、ふくらはぎの最も太い部分を囲みます。

 

指がくっつくかどうかで、サルコペニアの可能性を計ります。

 

・指がくっつかない→サルコペニアの可能性は低い
・ぴったりくっつく→サルコペニアの可能性がある
・指が重なってしまう→サルコペニアの可能性が高い

 

老化しやすい脚(ふくらはぎ)の太さで、サルコペニアの危険性をチェックするわけです。

 

 

いつでもどこでもできるチェック法なので、不安な方は実践してみてはいかがでしょうか。

 

 

このコンテンツは雑誌「栄養と料理」2014年 09月号86〜89ページを参考にしました。

 

 

秦運動具工業 スメドレー型握力計100kg 103-S

サルコペニアの摂食・嚥下障害 リハビリテーション栄養の可能性と実践

 

 

 

筋トレ器具・サプリ通販まとめ ティズスタイルやアマゾンへ

山田豊治氏 本物のスロートレーニング
日本に初めてスロートレーニングを紹介した山田豊治氏の教材です。自宅でもできる、本物のスロートレーニングを解説。

小川淳のハイインテンシティトレーニング
ヘビーデューティートレーニングの第一人者、小川淳氏が指導。たった1セットで筋肉を限界まで追い込む自宅トレーニング。

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド
日本人初のミスターカリフォルニア・ライトクラスチャンピオン・北島達也氏監修。ハードゲイナーがバルクアップするための具体的方法を解説。

劇的に変化する!ホワイトハルク下田雅人の自宅でできるジャイアントセット
1日15分のトレーニング。筋肉最深部をダイレクトに刺激する110種目を公開。

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ
「月刊ボディビル」で大反響!外科医浅見尚規氏の「筋腹」を意識し、軽いウエイトでバルクアップさせるトレーニング。肩、胸、背中のトレーニングに特化しています。