日本人の筋肉の特性はランナーに不利になることもあります

日本人は大腿四頭筋が発達しやすいですが ハムストリングスも重要です

現在は全国で市民マラソンが開催されており、フルマラソンを走る一般人も全く珍しくなくなりました。

 

 

タイムを意識して本格的に取り組んでいるランナーも相当な数にのぼると考えられます。

 

そうしたランナーは、普段からトレーニングを重ねていることでしょう。

 

 

ランニングにおいて、下半身の筋肉はいずれも重要であり、バランスよく鍛えないと肉離れなどのケガを誘発しかねません。

 

 

スポーツ用品メーカー、アディダスのフィジカルトレーナーで、テニスのクルム伊達公子選手、卓球の福原愛選手らトップアスリートをサポートしている、中野ジェームズ修一さんによると、日本人は腿の表側、つまり大腿四頭筋が発達しやすいのだそうです。

 

 

そのため、ランニング時は体勢が後傾気味になりがちです。

 

 

しかしレースにおいては、前傾気味のフォームが有利です。

 

欧米人ランナーは前傾タイプが多いので、日本人の後傾気味フォームはウィークポイントになってしまいます。

 

 

そのため中野さんがランナーの筋力トレーニングを指導する際は、大殿筋(お尻の筋肉)や太ももの裏側のハムストリングスを鍛えるプログラムを特に重視しています。

 

 

また、これら脚の裏側の筋肉を鍛えると、着地時に脚にかかる負荷を吸収し、ケガを防いでくれるというメリットもあります。

 

 

脚の前面のみならず、脚の裏側も前面と同じがそれ以上に意識して鍛える必要があるのです。

 

 

ランニングだけでなく、他のスポーツでも日本人のハムストリングスの弱さは指摘されています。

 

また日本人はハムストリングスを使いこなせていない、ともよく聞く話です。

 

 

ランナーに限らず、記録を意識しているアスリートであれば、ハムストリングスの重要性も意識する必要があるようです。

 

 

誰も言わなかった マラソンで絶対にしてはいけない35のこと 中野ジェームズ修一著

 

 

 

筋トレ器具・サプリ通販まとめ ティズスタイルやアマゾンへ

山田豊治氏 本物のスロートレーニング
日本に初めてスロートレーニングを紹介した山田豊治氏の教材です。自宅でもできる、本物のスロートレーニングを解説。

小川淳のハイインテンシティトレーニング
ヘビーデューティートレーニングの第一人者、小川淳氏が指導。たった1セットで筋肉を限界まで追い込む自宅トレーニング。

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド
日本人初のミスターカリフォルニア・ライトクラスチャンピオン・北島達也氏監修。ハードゲイナーがバルクアップするための具体的方法を解説。

劇的に変化する!ホワイトハルク下田雅人の自宅でできるジャイアントセット
1日15分のトレーニング。筋肉最深部をダイレクトに刺激する110種目を公開。

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ
「月刊ボディビル」で大反響!外科医浅見尚規氏の「筋腹」を意識し、軽いウエイトでバルクアップさせるトレーニング。肩、胸、背中のトレーニングに特化しています。