日本人の筋肉の特性はランナーに不利になることもあります

日本人は大腿四頭筋が発達しやすいですが ハムストリングスも重要です

現在は全国で市民マラソンが開催されており、フルマラソンを走る一般人も全く珍しくなくなりました。

 

 

タイムを意識して本格的に取り組んでいるランナーも相当な数にのぼると考えられます。

 

そうしたランナーは、普段からトレーニングを重ねていることでしょう。

 

 

ランニングにおいて、下半身の筋肉はいずれも重要であり、バランスよく鍛えないと肉離れなどのケガを誘発しかねません。

 

 

スポーツ用品メーカー、アディダスのフィジカルトレーナーで、テニスのクルム伊達公子選手、卓球の福原愛選手らトップアスリートをサポートしている、中野ジェームズ修一さんによると、日本人は腿の表側、つまり大腿四頭筋が発達しやすいのだそうです。

 

 

そのため、ランニング時は体勢が後傾気味になりがちです。

 

 

しかしレースにおいては、前傾気味のフォームが有利です。

 

欧米人ランナーは前傾タイプが多いので、日本人の後傾気味フォームはウィークポイントになってしまいます。

 

 

そのため中野さんがランナーの筋力トレーニングを指導する際は、大殿筋(お尻の筋肉)や太ももの裏側のハムストリングスを鍛えるプログラムを特に重視しています。

 

 

また、これら脚の裏側の筋肉を鍛えると、着地時に脚にかかる負荷を吸収し、ケガを防いでくれるというメリットもあります。

 

 

脚の前面のみならず、脚の裏側も前面と同じがそれ以上に意識して鍛える必要があるのです。

 

 

ランニングだけでなく、他のスポーツでも日本人のハムストリングスの弱さは指摘されています。

 

また日本人はハムストリングスを使いこなせていない、ともよく聞く話です。

 

 

ランナーに限らず、記録を意識しているアスリートであれば、ハムストリングスの重要性も意識する必要があるようです。

 

 

誰も言わなかった マラソンで絶対にしてはいけない35のこと 中野ジェームズ修一著

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

関連ページ

筋肉をつけると身体が硬くなるのか
筋肉をつけると身体が硬く感じるのは 筋肉痛のせいではないでしょうか
筋肉の様々な働き・機能
筋肉をつけると身体にどのような変化が表れるのでしょうか
筋肉が不必要なケース
競技によっては「余計な筋肉」も存在します
加齢で衰えやすい・衰えにくい筋肉
筋肉によって衰えやすさに違いがあります
負荷に強い腹筋と背筋
腹筋と背筋は負荷に強く オーバーワークしにくい筋肉です
骨格筋の主な三つの働き
骨格筋は身体を動かす以外にも機能があります
人種による筋肉の違い
黒人は生まれつき太い大腰筋を持っています
サルコペニアとは加齢と筋量減少
高齢者は特に脚の筋力低下に注意しなくてはいけません
サルコペニアのセルフチェック法 握力など
握力や簡単な動作 歩行速度などでサルコペニアを自己チェックしてみましょう 体組成計で筋肉量を測るかふくらはぎの太さでも