筋肉(骨格筋)の主な働き 三つ

筋肉(骨格筋)の主な三つの働き

筋肉の働きというと、「身体を可動させる」が真っ先に思いつきますが、それだけではありません。

 

 

筋肉には大きく分けて三つの働きがあります。

 

(このエントリーでの「筋肉」とは、「骨格筋」を意味します)

 

 

骨と骨をつなぐ働き

人体は骨格だけでは立つことすらできません。

 

骨自体に可動する機能は無いからです。
筋肉が、関節をまたいで骨と骨をつなぐことで活動できます。

 

 

収縮運動により身体を可動させる

最もわかりやすい働きはこれです。

 

筋肉運動とは言い換えるなら筋肉が収縮する運動です。
私たちの身体は筋肉が収縮することで活動しているのです。

 

 

筋力とは筋肉が縮む力であり、一般にスポーツではこの力が大きいほど運動能力が高いとされます。

 

筋力だけでなく、「自分の意思やイメージ通りに動かせるかどうか」もスポーツのパフォーマンスを左右します。

 

 

エネルギーを蓄える

筋肉中には、運動のエネルギー源となるグリコーゲンが蓄えられています。

 

 

グリコーゲンの貯蔵器官といえば、肝臓をすぐ連想しますが、貯蔵量が最も多いのは筋肉です。
筋肉に貯蔵されているグリコーゲンは、その筋肉のエネルギー源だけに使われます。

 

 

いわゆる「カーボローディング」は、炭水化物摂取量を増やして体内に多くのグリコーゲンを貯蔵するために行います。

 

 

また筋トレの際には、たんぱく質だけでなく炭水化物の摂取も大事だと言われるのは、筋肉を活動させるエネルギー源を確保するためです。

 

 

筋肉内のグリコーゲンが無くなってしまうと、体はたんぱく質をエネルギー源として使い始めます。
すると筋肉を成長させるために必要なたんぱく質まで消費されかねないのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

関連ページ

筋肉をつけると身体が硬くなるのか
筋肉をつけると身体が硬く感じるのは 筋肉痛のせいではないでしょうか
筋肉の様々な働き・機能
筋肉をつけると身体にどのような変化が表れるのでしょうか
筋肉が不必要なケース
競技によっては「余計な筋肉」も存在します
加齢で衰えやすい・衰えにくい筋肉
筋肉によって衰えやすさに違いがあります
負荷に強い腹筋と背筋
腹筋と背筋は負荷に強く オーバーワークしにくい筋肉です
人種による筋肉の違い
黒人は生まれつき太い大腰筋を持っています
サルコペニアとは加齢と筋量減少
高齢者は特に脚の筋力低下に注意しなくてはいけません
サルコペニアのセルフチェック法 握力など
握力や簡単な動作 歩行速度などでサルコペニアを自己チェックしてみましょう 体組成計で筋肉量を測るかふくらはぎの太さでも
ランナーに必要な筋肉と日本人の大腿四頭筋
日本人は大腿四頭筋が発達しやすいのですが ランニングにおいてはそれが不利な条件になることもあるのでハムストリングスも重要です