筋肉(骨格筋)の主な働き 三つ

筋肉(骨格筋)の主な三つの働き

筋肉の働きというと、「身体を可動させる」が真っ先に思いつきますが、それだけではありません。

 

 

筋肉には大きく分けて三つの働きがあります。

 

(このエントリーでの「筋肉」とは、「骨格筋」を意味します)

 

 

◆骨と骨をつなぐ働き
人体は骨格だけでは立つことすらできません。

 

骨自体に可動する機能は無いからです。
筋肉が、関節をまたいで骨と骨をつなぐことで活動できます。

 

 

◆収縮運動により身体を可動させる
最もわかりやすい働きはこれです。

 

筋肉運動とは言い換えるなら筋肉が収縮する運動です。
私たちの身体は筋肉が収縮することで活動しているのです。

 

 

筋力とは筋肉が縮む力であり、一般にスポーツではこの力が大きいほど運動能力が高いとされます。

 

筋力だけでなく、「自分の意思やイメージ通りに動かせるかどうか」もスポーツのパフォーマンスを左右します。

 

 

◆エネルギーを蓄える
筋肉中には、運動のエネルギー源となるグリコーゲンが蓄えられています。

 

 

グリコーゲンの貯蔵器官といえば、肝臓をすぐ連想しますが、貯蔵量が最も多いのは筋肉です。

 

筋肉に貯蔵されているグリコーゲンは、その筋肉のエネルギー源だけに使われます。

 

 

いわゆる「カーボローディング」は、炭水化物摂取量を増やして体内に多くのグリコーゲンを貯蔵するために行います。

 

 

また筋トレの際には、たんぱく質だけでなく炭水化物の摂取も大事だと言われるのは、筋肉を活動させるエネルギー源を確保するためです。

 

 

筋肉内のグリコーゲンが無くなってしまうと、体はたんぱく質をエネルギー源として使い始めます。

 

すると筋肉を成長させるために必要なたんぱく質まで消費されかねないのです。

 

 

 

 

 

筋トレ器具・サプリ通販まとめ ティズスタイルやアマゾンへ

山田豊治氏 本物のスロートレーニング
日本に初めてスロートレーニングを紹介した山田豊治氏の教材です。自宅でもできる、本物のスロートレーニングを解説。

小川淳のハイインテンシティトレーニング
ヘビーデューティートレーニングの第一人者、小川淳氏が指導。たった1セットで筋肉を限界まで追い込む自宅トレーニング。

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド
日本人初のミスターカリフォルニア・ライトクラスチャンピオン・北島達也氏監修。ハードゲイナーがバルクアップするための具体的方法を解説。

劇的に変化する!ホワイトハルク下田雅人の自宅でできるジャイアントセット
1日15分のトレーニング。筋肉最深部をダイレクトに刺激する110種目を公開。

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ
「月刊ボディビル」で大反響!外科医浅見尚規氏の「筋腹」を意識し、軽いウエイトでバルクアップさせるトレーニング。肩、胸、背中のトレーニングに特化しています。