筋肉の働きは身体を動かすだけではありません

筋肉の働き・筋肉をつけることの意味 熱発生・糖消費・血圧上昇

筋肉の主な働きが、

 

 

・体を動かす
・内臓などの臓器を動かす

 

 

ことにあることはおそらく異論が無いでしょう。

 

内臓は自分の意思では動かせないのでひとまずおくとして、アスリートがトレーニングをするのは、自分の理想どおりに動く筋肉を作るためでもあります。

 

ここでの理想とは、

 

 

より速く動く
より重いものを動かす
より遠くへ投げる
自分の意図する動きを実現する

 

 

など、競技によって違います。

 

 

筋肉のメインの働きは動きを生み出すことに間違いありませんが、それだけではありません。
筋肉にはこんな働きもあります。

 

 

体に熱を発生させる

ダイエットに関心があるなら、「基礎代謝量を上げるために筋肉をつけて、痩せやすい体にしましょう!」という話を聞いたことはないでしょうか?

 

筋肉は熱を発生させる器官でもあります。

 

 

熱を発生させるために筋肉はカロリーを消費するので(筋肉でしかカロリーは消費しないとも言えるのですが)筋肉を増やすと痩せやすい体になるわけです。

 

また筋肉を増やすと冷え症が改善するのも、筋肉が熱を発生させるからです。

 

 

糖分を消費する

運動などで筋肉を動かすと血液中の糖分が消費されます。
糖分は筋肉が稼働するエネルギー源のひとつです。

 

 

アスリートが競技前にカーボローディングを行うのは、言わば体内に筋肉の燃料を貯め込んでいるのです。

 

競技中に糖分が不足すると筋肉が動かなくなり、いわゆる「ガス欠(=バテる)」状態になることがあります。

 

 

またこれは血液中の糖分を消費することも意味しており、筋肉が多いと血糖値が下がりやすくなります。

 

 

糖尿病を予防するため、ある程度筋肉をつけるよう推奨されるのは、筋肉があると血糖値の過度な上昇が抑えられやすいからです。

 

 

血圧を上げる

筋肉をつけると、血圧は上がりがちになります。

 

 

筋肉組織ができると、そこには当然血管も生成されています。

 

新しくできたその血管内にも血液を供給しなくてはならないので、血液を送り出す力が以前より余計に必要になります。

 

結果的に血圧が上がるわけです。

 

 

一般的に血圧が上がるのはあまり歓迎されませんが、過度の低血圧で悩んでいる人にはむしろ好ましい作用と言えます。

 

 

低血圧の人が筋トレを勧められるのは、筋肉をつけることにより血圧を上げて、適正値に近づける狙いがあるのです。

 

 

 

 

 

関連ページ

筋肉をつけると身体が硬くなるのか
筋肉をつけると身体が硬く感じるのは 筋肉痛のせいではないでしょうか
筋肉が不必要なケース
競技によっては「余計な筋肉」も存在します
加齢で衰えやすい・衰えにくい筋肉
筋肉によって衰えやすさに違いがあります
負荷に強い腹筋と背筋
腹筋と背筋は負荷に強く オーバーワークしにくい筋肉です
骨格筋の主な三つの働き
骨格筋は身体を動かす以外にも機能があります
人種による筋肉の違い
黒人は生まれつき太い大腰筋を持っています
サルコペニアとは加齢と筋量減少
高齢者は特に脚の筋力低下に注意しなくてはいけません
サルコペニアのセルフチェック法 握力など
握力や簡単な動作 歩行速度などでサルコペニアを自己チェックしてみましょう 体組成計で筋肉量を測るかふくらはぎの太さでも
ランナーに必要な筋肉と日本人の大腿四頭筋
日本人は大腿四頭筋が発達しやすいのですが ランニングにおいてはそれが不利な条件になることもあるのでハムストリングスも重要です