人種による筋肉の違いは確かにあります

人種による筋肉の違い

人種の違いと筋肉のつき方・性質には関連があるのでしょうか?

 

陸上で行われる競技を見ていたら、「黒人選手が活躍する場面が多いなぁ」と誰もが一度は感じるはずです。

 

 

専門家でなくとも、黒人選手はスポーツに向いた筋肉を持っているんだろうな、と推量できます。

 

 

人種がからむと問題がデリケートになるので、実は人種による筋肉の違いはあまり研究されていないそうです。
それでもはっきりとわかっていることがあります。

 

 

黒人の大腰筋は白人よりもおよそ3倍太い

 

 

のは、研究結果として確認されているそうです。

 

大腰筋は脚を上げる動作に関わる筋肉です。

 

 

「脚を上げない」スポーツはまずありませんので、黒人選手はスポーツに必須の筋肉が太い=スポーツにおけるパフォーマンスが高い、ということになるわけです。

 

 

もっともわかりやすいのは走る競技です。

 

走る動作に関して、大腰筋は最も重視されている筋肉のひとつです。

 

 

日本人は大腰筋が細く長い場合が多いので、大腰筋を強化するのは大変ですが、黒人は生まれながらにして太い大腰筋を装備しています。

 

 

短距離でも長距離でも、走る競技で黒人選手が強いのは、先天的に持っている大腰筋の筋力が優れているためです。

 

 

またキックボクシングなどでのキックも、脚を上げる動作です。

 

大腰筋が強いと蹴る力もアップするので、格闘技においても黒人選手は有利と言えます。

 

 

多くのスポーツにおける黒人選手の活躍ぶりを見ても、人種によって筋肉に違いがあるのは明白です。

 

 

人種とスポーツ - 黒人は本当に「速く」「強い」のか (中公新書)

 

 

 

筋トレ器具・サプリ通販まとめ ティズスタイルやアマゾンへ

山田豊治氏 本物のスロートレーニング
日本に初めてスロートレーニングを紹介した山田豊治氏の教材です。自宅でもできる、本物のスロートレーニングを解説。

小川淳のハイインテンシティトレーニング
ヘビーデューティートレーニングの第一人者、小川淳氏が指導。たった1セットで筋肉を限界まで追い込む自宅トレーニング。

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド
日本人初のミスターカリフォルニア・ライトクラスチャンピオン・北島達也氏監修。ハードゲイナーがバルクアップするための具体的方法を解説。

劇的に変化する!ホワイトハルク下田雅人の自宅でできるジャイアントセット
1日15分のトレーニング。筋肉最深部をダイレクトに刺激する110種目を公開。

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ
「月刊ボディビル」で大反響!外科医浅見尚規氏の「筋腹」を意識し、軽いウエイトでバルクアップさせるトレーニング。肩、胸、背中のトレーニングに特化しています。