筋肉をつけないほうがよいケースもあります

体が重くなって筋肉が不必要な競技も

一般に、筋肉をつけるのは「良いこと」と解釈される場合が多いようです。

 

 

世の中に無数に出回っている健康情報も、一様に「筋肉をつけましょう!」という論調であり、「筋肉をつけてはダメ!」という主旨の記事はほとんど見当たりません。

 

 

確かに一般的には、筋肉を増やすとほとんどは体に好ましい影響を及ぼします。
パッと思いつくだけでも、

 

 

肥満予防 膝や腰など関節痛の予防 冷え性・肩こり改善 活動量増加 糖尿病予防

 

 

などなど、良いことずくめと言っても過言ではありません。

 

しかし、ことアスリートにとっては、筋肉が必要でないどころか、弊害となる場合もあり得ます。

 

 

弊害となる理由のひとつに、

 

 

筋肉をつけると体が重くなる

 

 

ことがあります。

 

 

筋肉をつけると大きな力が発揮できるようになるのは間違いありませんが、同時に筋肉という「体重」を増やしている、とも言えます。

 

 

何の考えもなく筋肉を大きくして体重を増やすと弊害になる競技は間違いなくあります。
例えば・・・

 

フェンシングや剣道など、俊敏な動きが求められる競技
マラソンなど、体重が重いと膝に負担がかかる競技
水泳など、体が沈んでしまうと不利になる競技

 

・・・などですね。

 

 

とはいえこれらの競技でも何らかの「パワー」は必要なので、筋トレを全くやらないケースは珍しいのではないでしょうか。

 

パワー増強と体重との兼ね合いを意識しながらのトレーニングが必要と言えます。

 

 

 

 

 

関連ページ

筋肉をつけると身体が硬くなるのか
筋肉をつけると身体が硬く感じるのは 筋肉痛のせいではないでしょうか
筋肉の様々な働き・機能
筋肉をつけると身体にどのような変化が表れるのでしょうか
加齢で衰えやすい・衰えにくい筋肉
筋肉によって衰えやすさに違いがあります
負荷に強い腹筋と背筋
腹筋と背筋は負荷に強く オーバーワークしにくい筋肉です
骨格筋の主な三つの働き
骨格筋は身体を動かす以外にも機能があります
人種による筋肉の違い
黒人は生まれつき太い大腰筋を持っています
サルコペニアとは加齢と筋量減少
高齢者は特に脚の筋力低下に注意しなくてはいけません
サルコペニアのセルフチェック法 握力など
握力や簡単な動作 歩行速度などでサルコペニアを自己チェックしてみましょう 体組成計で筋肉量を測るかふくらはぎの太さでも
ランナーに必要な筋肉と日本人の大腿四頭筋
日本人は大腿四頭筋が発達しやすいのですが ランニングにおいてはそれが不利な条件になることもあるのでハムストリングスも重要です