筋肉をつけないほうがよいケースもあります

体が重くなって筋肉が不必要な競技も

一般に、筋肉をつけるのは「良いこと」と解釈される場合が多いようです。

 

 

世の中に無数に出回っている健康情報も、一様に「筋肉をつけましょう!」という論調であり、「筋肉をつけてはダメ!」という主旨の記事はほとんど見当たりません。

 

 

確かに一般的には、筋肉を増やすとほとんどは体に好ましい影響を及ぼします。
パッと思いつくだけでも、

 

 

肥満予防 膝や腰など関節痛の予防 冷え性・肩こり改善 活動量増加 糖尿病予防

 

 

などなど、良いことずくめと言っても過言ではありません。

 

しかし、ことアスリートにとっては、筋肉が必要でないどころか、弊害となる場合もあり得ます。

 

 

弊害となる理由のひとつに、

 

 

筋肉をつけると体が重くなる

 

 

ことがあります。

 

 

筋肉をつけると大きな力が発揮できるようになるのは間違いありませんが、同時に筋肉という「体重」を増やしている、とも言えます。

 

 

何の考えもなく筋肉を大きくして体重を増やすと弊害になる競技は間違いなくあります。
例えば・・・

 

・フェンシングや剣道など、俊敏な動きが求められる競技
・マラソンなど、体重が重いと膝に負担がかかる競技
・水泳など、体が沈んでしまうと不利になる競技

 

・・・などですね。

 

 

とはいえこれらの競技でも何らかの「パワー」は必要なので、筋トレを全くやらないケースは珍しいのではないでしょうか。

 

パワー増強と体重との兼ね合いを意識しながらのトレーニングが必要と言えます。

 

 

 

 

 

筋トレ器具・サプリ通販まとめ ティズスタイルやアマゾンへ

山田豊治氏 本物のスロートレーニング
日本に初めてスロートレーニングを紹介した山田豊治氏の教材です。自宅でもできる、本物のスロートレーニングを解説。

小川淳のハイインテンシティトレーニング
ヘビーデューティートレーニングの第一人者、小川淳氏が指導。たった1セットで筋肉を限界まで追い込む自宅トレーニング。

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド
日本人初のミスターカリフォルニア・ライトクラスチャンピオン・北島達也氏監修。ハードゲイナーがバルクアップするための具体的方法を解説。

劇的に変化する!ホワイトハルク下田雅人の自宅でできるジャイアントセット
1日15分のトレーニング。筋肉最深部をダイレクトに刺激する110種目を公開。

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ
「月刊ボディビル」で大反響!外科医浅見尚規氏の「筋腹」を意識し、軽いウエイトでバルクアップさせるトレーニング。肩、胸、背中のトレーニングに特化しています。