腹筋と背筋は毎日鍛えてもOKです

負荷に強い腹筋と背筋 毎日鍛えても大丈夫 杉田茂さんは・・・

筋トレを習慣にしている人にとっては、「トレーニングでは、同じ筋肉を毎日鍛えてはいけない 2〜3日のインターバルを空ける必要がある」のは常識になっています。

 

インターバルの間に筋肉を休息・回復させるわけです。

 

 

しかし例外もあります。

 

 

腹筋と背筋は、毎日鍛えてもOKなのです。

 

 

この理由はよくわかっていませんが、腹筋と背筋の次のような特性が関係しているようです。

 

速筋よりも遅筋が多く、スタミナに富んでいる
姿勢保持で常に働く必要があるため、回復力に優れている

 

腹筋・背筋は負荷に強く、ダメージからの回復も早いため、ボディビルダーはこれらの筋肉だけを一日長時間、しかも毎日トレーニングするケースもあります。

 

 

1972年にミスター日本を獲得した、ボディビルダーの杉田茂氏は、1976年のミスターユニバースを獲得するまでの5年間、寝る前に一時間の腹筋運動を一日も欠かさず行ったそうです。

 

 

(杉田氏は「腹筋発達してないやつは信用できひん」と発言したことがあるとか。また杉田氏の腹筋は、珍しい「8パック」でした)

 

 

腹筋と背筋に関しては、「昨日鍛えたから今日はトレーニングはやらない」というサボり文句は使えないようですね・・・。

 

 

ちなみに、ふくらはぎの奥にある筋肉、前腕の筋肉も遅筋の割合が多く、毎日鍛えても良いとされています。

 

 

【ショップジャパン正規品】パーフェクトシットアップ PSU-WS02

 

 

 

 

 

関連ページ

筋肉をつけると身体が硬くなるのか
筋肉をつけると身体が硬く感じるのは 筋肉痛のせいではないでしょうか
筋肉の様々な働き・機能
筋肉をつけると身体にどのような変化が表れるのでしょうか
筋肉が不必要なケース
競技によっては「余計な筋肉」も存在します
加齢で衰えやすい・衰えにくい筋肉
筋肉によって衰えやすさに違いがあります
骨格筋の主な三つの働き
骨格筋は身体を動かす以外にも機能があります
人種による筋肉の違い
黒人は生まれつき太い大腰筋を持っています
サルコペニアとは加齢と筋量減少
高齢者は特に脚の筋力低下に注意しなくてはいけません
サルコペニアのセルフチェック法 握力など
握力や簡単な動作 歩行速度などでサルコペニアを自己チェックしてみましょう 体組成計で筋肉量を測るかふくらはぎの太さでも
ランナーに必要な筋肉と日本人の大腿四頭筋
日本人は大腿四頭筋が発達しやすいのですが ランニングにおいてはそれが不利な条件になることもあるのでハムストリングスも重要です