筋肉の性質記事一覧

筋肉をつけると身体が硬くなるのか

「筋肉をつけると柔軟性がなくなる(体が硬くなる)」という話を聞いたことはありませんか?管理人が10代の時点ですでに耳にしていたので、かなり昔から言われていたようです。それでは、筋肉をつけると実際に体が硬くなるのでしょうか?答えはNOです。筋肉がついても、身体は硬くなりません。この件について解説してる...

≫続きを読む

筋肉の働き・筋肉をつけることの意味 熱発生・糖消費・血圧上昇

筋肉の主な働きが、・体を動かす・内臓などの臓器を動かすことにあることはおそらく異論が無いでしょう。内臓は自分の意思では動かせないのでひとまずおくとして、アスリートがトレーニングをするのは、自分の理想どおりに動く筋肉を作るためでもあります。ここでの理想とは、より速く動くより重いものを動かすより遠くへ投...

≫続きを読む

その筋肉は必要か?スポーツによっては体が重くなる弊害も

一般に、筋肉をつけるのは「良いこと」と解釈される場合が多いようです。世の中に無数に出回っている健康情報も、一様に「筋肉をつけましょう!」という論調であり、「筋肉をつけてはダメ!」という主旨の記事はほとんど見当たりません。確かに一般的には、筋肉を増やすとほとんどは体に好ましい影響を及ぼします。パッと思...

≫続きを読む

加齢で衰えやすい筋肉・衰えにくい筋肉

「年をとると基礎代謝量が落ちて太りやすくなる」とは、ある程度の年齢に達してダイエットを意識している人の間ではよく知られているのではないでしょうか。基礎代謝量が落ちる最も大きな原因は、加齢に伴う筋肉の減少(委縮)です。筋肉は30歳を過ぎるころから徐々に減り始めます。40代になると目立って減少し始め、運...

≫続きを読む

負荷に強い腹筋と背筋 杉田茂さんは・・・

筋トレを習慣にしている人にとっては、「トレーニングでは、同じ筋肉を毎日鍛えてはいけない 2〜3日のインターバルを空ける必要がある」のは常識になっています。インターバルの間に筋肉を休息・回復させるわけです。しかし例外もあります。腹筋と背筋は、毎日鍛えてもOKなのです。この理由はよくわかっていませんが、...

≫続きを読む

筋肉(骨格筋)の主な働き 三つ

筋肉の働きというと、「身体を可動させる」が真っ先に思いつきますが、それだけではありません。筋肉には大きく分けて三つの働きがあります。(このエントリーでの「筋肉」とは、「骨格筋」を意味します)骨と骨をつなぐ働き人体は骨格だけでは立つことすらできません。骨自体に可動する機能は無いからです。筋肉が、関節を...

≫続きを読む

人種による筋肉の違い 黒人選手と大腰筋

人種の違いと筋肉のつき方・性質には関連があるのでしょうか?陸上で行われる競技を見ていたら、「黒人選手が活躍する場面が多いなぁ」と誰もが一度は感じるはずです。専門家でなくとも、黒人選手はスポーツに向いた筋肉を持っているんだろうな、と推量できます。人種がからむと問題がデリケートになるので、実は人種による...

≫続きを読む

サルコペニアとは 高齢者のサルコペニアは生活の質を低下させます

超高齢化社会といわれる昨今、「サルコペニア」という言葉が注目されています。サルコペニアとは、ギリシャ語で肉・筋肉を表すsarxと減少・消失を意味するpeniaを組み合わせた造語で、「筋肉の減少」を意味します。筋肉量は20代後半から30歳代をピークに、それ以後は徐々に減少し、65歳以上の4〜5人に一人...

≫続きを読む

サルコペニアのセルフチェック法 握力や体組成計を使って

前のページで、サルコペニアの概要と危険性について紹介しました。サルコペニアには、自己チェックをする基準があります。ある程度の年齢に達したら、自身の筋肉量や筋力が減っていないか調べてみましょう。■筋力をチェックするまず、握力を計ります。男性で26kg未満女性で18kg未満であれば、筋力の衰えが疑われま...

≫続きを読む

日本人の脚の筋肉の特徴とランニング 中野ジェームズ修一さん

現在は全国で市民マラソンが開催されており、フルマラソンを走る一般人も全く珍しくなくなりました。タイムを意識して本格的に取り組んでいるランナーも相当な数にのぼると考えられます。そうしたランナーは、普段からトレーニングを重ねていることでしょう。ランニングにおいて、下半身の筋肉はいずれも重要であり、バラン...

≫続きを読む