アナボリックステロイドの効果や副作用

アナボリック・ステロイドの効果と副作用 筋肉を増やす原理はよくわかってない?

アナボリック・ステロイドは「筋肉増強剤」として知られており、禁止薬物に指定されています。

 

 

海外のスポーツ競技では現在も時々話題になり、一昔前には大リーグ選手やオリンピック選手の使用が社会問題にもなりました。

 

 

見た目で明らかに不自然とわかるほど筋肉を増やす作用のあるアナボリック・ステロイドですが、筋肉を増やす原理は実はよくわかっていないそうです。

 

 

アナボリック・ステロイドを使うと筋肉内でたんぱく質の合成が高まるため、筋肉の形成が促進されることがわかっています。

 

しかし、アナボリック・ステロイドがこのメカニズムに具体的にどのように関わっているかは解明されていません。

 

 

加えて、大量使用すると性格が攻撃的になり、かつ痛みに鈍感になります。

 

 

そのため、猛烈なトレーニングを行っても疲れや苦しさを感じにくくなります。

 

 

またアナボリック・ステロイドは、筋肉の生成を抑える働きのあるたんぱく質「ミオスタチン」の生成を阻害する作用をもっています。

 

 

筋肉の成長を抑える物質を減らすため、アナボリック・ステロイドを使用すると筋肉は当然大きくなります。

 

 

改めて書くまでもないかもしれませんが、アナボリック・ステロイドには内臓への悪影響や発がん性、性機能障害発症など多くの副作用が指摘されています。

 

 

筋肉を増やしたい、という理由だけのために安易にアナボリック・ステロイドを使用し、副作用のために悲惨な生活を送っている人が海外にはたくさんいるそうです。

 

 

ネット上にはいくつか記事かありますので、戒めとして読んでみるのも良いのではないでしようか。

 

 

たとえどんな理由があるにしても、アナボリック・ステロイドは使用するべきではありません。

 

 

 

筋トレ器具・サプリ通販まとめ ティズスタイルやアマゾンへ

山田豊治氏 本物のスロートレーニング
日本に初めてスロートレーニングを紹介した山田豊治氏の教材です。自宅でもできる、本物のスロートレーニングを解説。

小川淳のハイインテンシティトレーニング
ヘビーデューティートレーニングの第一人者、小川淳氏が指導。たった1セットで筋肉を限界まで追い込む自宅トレーニング。

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド
日本人初のミスターカリフォルニア・ライトクラスチャンピオン・北島達也氏監修。ハードゲイナーがバルクアップするための具体的方法を解説。

劇的に変化する!ホワイトハルク下田雅人の自宅でできるジャイアントセット
1日15分のトレーニング。筋肉最深部をダイレクトに刺激する110種目を公開。

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ
「月刊ボディビル」で大反響!外科医浅見尚規氏の「筋腹」を意識し、軽いウエイトでバルクアップさせるトレーニング。肩、胸、背中のトレーニングに特化しています。