アナボリックステロイドの効果や副作用

アナボリック・ステロイドの効果と副作用 筋肉を増やす原理はよくわかってない?

アナボリック・ステロイドは「筋肉増強剤」として知られており、禁止薬物に指定されています。

 

 

海外のスポーツ競技では現在も時々話題になり、一昔前には大リーグ選手やオリンピック選手の使用が社会問題にもなりました。

 

 

見た目で明らかに不自然とわかるほど筋肉を増やす作用のあるアナボリック・ステロイドですが、筋肉を増やす原理は実はよくわかっていないそうです。

 

 

アナボリック・ステロイドを使うと筋肉内でたんぱく質の合成が高まるため、筋肉の形成が促進されることがわかっています。

 

しかし、アナボリック・ステロイドがこのメカニズムに具体的にどのように関わっているかは解明されていません。

 

 

加えて、大量使用すると性格が攻撃的になり、かつ痛みに鈍感になります。

 

 

そのため、猛烈なトレーニングを行っても疲れや苦しさを感じにくくなります。

 

 

またアナボリック・ステロイドは、筋肉の生成を抑える働きのあるたんぱく質「ミオスタチン」の生成を阻害する作用をもっています。

 

 

筋肉の成長を抑える物質を減らすため、アナボリック・ステロイドを使用すると筋肉は当然大きくなります。

 

 

改めて書くまでもないかもしれませんが、アナボリック・ステロイドには内臓への悪影響や発がん性、性機能障害発症など多くの副作用が指摘されています。

 

 

筋肉を増やしたい、という理由だけのために安易にアナボリック・ステロイドを使用し、副作用のために悲惨な生活を送っている人が海外にはたくさんいるそうです。

 

 

ネット上にはいくつか記事かありますので、戒めとして読んでみるのも良いのではないでしようか。

 

 

たとえどんな理由があるにしても、アナボリック・ステロイドは使用するべきではありません。

 

 

 

関連ページ

生理中の女性と筋肉
女性特有の理由がトレーニングに影響します
バレリーナの筋肉 特徴は?
バレリーナの筋肉にはどのような特徴があるのでしょうか
「痩筋」とは 石井直方教授
やせるための筋肉とは?石井直方教授
筋肉トレを続けるための十ヵ条
筋トレを続けるためには?
本山式筋トレで認知症対策
軽度アルツハイマーを改善させる 現役ボディビルダー本山輝幸氏の「本山式筋トレ」 高齢者には強めの負荷をかけて大きい筋肉をまずは鍛えます
ギャスパリSP250 ドーピング違反に
2016年4月22日 小田敏郎選手がドーピング違反で資格停止処分になりました 管理人の私見も