女性のトレーニングはホルモンの影響を大きく受けます

生理中の女性と筋肉 ホルモンの影響

生理中の女性は筋肉がつきやすい、という説があります。

 

 

というのも、生理中は女性ホルモンの分泌量が少なくなります。

 

女性ホルモンは脂肪を増やし、筋肉の発達を抑制する作用があるので、女性ホルモンが少なくなる生理中は筋肉がつきやすいのです。

 

欧米では、生理の時期に合わせてトレーニングを行う女性アスリートもいるそうです。

 

とはいえ、生理中は気分がすぐれなかったり腹痛や腰痛が起きたりして、実際にはトレーニングどころではないというケースも多くあります。

 

 

そのため、生理中の筋トレをするなら、自分の体調と相談しながら行う必要があります。

 

 

筋肉とホルモンは確かに密接な関係がありますが、気分良くトレーニングできるか、思うように体が動かせるかどうかもまた非常に大切です。

 

 

アスリートであれば、誰でもパフォーマンスを上げたいものですが、「生理中は筋トレの効果が上がる!」という意識にあまりにとらわれるのも良くないのではないでしょうか。

 

 

女性アスリートのための筋力トレーニング科学―その理論と実際

 

 

 

 

 

関連ページ

ステロイドの効果・副作用
アナボリック・ステロイドの効果や副作用
バレリーナの筋肉 特徴は?
バレリーナの筋肉にはどのような特徴があるのでしょうか
「痩筋」とは 石井直方教授
やせるための筋肉とは?石井直方教授
筋肉トレを続けるための十ヵ条
筋トレを続けるためには?
本山式筋トレで認知症対策
軽度アルツハイマーを改善させる 現役ボディビルダー本山輝幸氏の「本山式筋トレ」 高齢者には強めの負荷をかけて大きい筋肉をまずは鍛えます
ギャスパリSP250 ドーピング違反に
2016年4月22日 小田敏郎選手がドーピング違反で資格停止処分になりました 管理人の私見も