女性のトレーニングはホルモンの影響を大きく受けます

生理中の女性と筋肉 ホルモンの影響

生理中の女性は筋肉がつきやすい、という説があります。

 

 

というのも、生理中は女性ホルモンの分泌量が少なくなります。

 

女性ホルモンは脂肪を増やし、筋肉の発達を抑制する作用があるので、女性ホルモンが少なくなる生理中は筋肉がつきやすいのです。

 

欧米では、生理の時期に合わせてトレーニングを行う女性アスリートもいるそうです。

 

とはいえ、生理中は気分がすぐれなかったり腹痛や腰痛が起きたりして、実際にはトレーニングどころではないというケースも多くあります。

 

 

そのため、生理中の筋トレをするなら、自分の体調と相談しながら行う必要があります。

 

 

筋肉とホルモンは確かに密接な関係がありますが、気分良くトレーニングできるか、思うように体が動かせるかどうかもまた非常に大切です。

 

 

アスリートであれば、誰でもパフォーマンスを上げたいものですが、「生理中は筋トレの効果が上がる!」という意識にあまりにとらわれるのも良くないのではないでしょうか。

 

 

女性アスリートのための筋力トレーニング科学―その理論と実際

 

 

 

 

 

筋トレ器具・サプリ通販まとめ ティズスタイルやアマゾンへ

山田豊治氏 本物のスロートレーニング
日本に初めてスロートレーニングを紹介した山田豊治氏の教材です。自宅でもできる、本物のスロートレーニングを解説。

小川淳のハイインテンシティトレーニング
ヘビーデューティートレーニングの第一人者、小川淳氏が指導。たった1セットで筋肉を限界まで追い込む自宅トレーニング。

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド
日本人初のミスターカリフォルニア・ライトクラスチャンピオン・北島達也氏監修。ハードゲイナーがバルクアップするための具体的方法を解説。

劇的に変化する!ホワイトハルク下田雅人の自宅でできるジャイアントセット
1日15分のトレーニング。筋肉最深部をダイレクトに刺激する110種目を公開。

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ
「月刊ボディビル」で大反響!外科医浅見尚規氏の「筋腹」を意識し、軽いウエイトでバルクアップさせるトレーニング。肩、胸、背中のトレーニングに特化しています。