バレリーナの筋肉の付き方には特徴があります

バレリーナの筋肉の特徴 NHK 「アインシュタインの眼」

バレリーナといえば、ほぼ全ての人がスリムでしなやかな体型をイメージするでしょう。

 

 

一見して筋肉質だとわかる男性のバレエダンサーとは違い、女性のバレリーナはスリムさだけが目立ち、筋肉はついていないようにも見えます。

 

 

以前NHKの「アインシュタインの眼」という番組で、バレリーナの筋肉調査が行われていました。

 

現役バレリーナの全身をMRIで分析し、筋肉の分布が調べられたのです。

 

 

その結果は、外見の印象を覆すものでした。

 

 

バレリーナの筋肉は非常に発達していたのです。

 

 

大腰筋や脊柱起立筋といった体幹の筋肉や、腸骨筋、中臀筋といった骨盤周りの深いところにある筋肉は、一般女性の1.5倍ほどの太さがありました。

 

これらの筋肉が発達するのは、

 

・軸を意識した美しい姿勢を長時間保持する
・脚を高く上げる動作を頻繁に行う

 

といった、バレエ特有の動作に原因があると考えられます。

 

 

バレリーナの食事に関する記事を以前読んだことがあります。

 

 

言うまでもなく細身の人が多いバレリーナですが、その記事からは「意外とたくさん食べるなぁ」と驚いた覚えがあります。

 

 

長時間の激しい動作と筋肉の量を考えれば、ある程度まとまった量のエネルギー・栄養は必要になります。

 

また深い場所にある筋肉は脂肪を燃焼させる機能が高いのが特徴です。

 

 

そのため、バレリーナはたくさん食べても余分な脂肪が体につきにくく、スリムな体型を維持しやすいのです。

 

 

スリムに見えるバレリーナは実は筋肉質であり、その筋肉のおかげでスリムなのだ、と言えます。

 

 

バレエジュレ コンクール受賞者が多数愛用!バレリーナのための栄養補給・美容に

 

 

 

筋トレ器具・サプリ通販まとめ ティズスタイルやアマゾンへ

山田豊治氏 本物のスロートレーニング
日本に初めてスロートレーニングを紹介した山田豊治氏の教材です。自宅でもできる、本物のスロートレーニングを解説。

小川淳のハイインテンシティトレーニング
ヘビーデューティートレーニングの第一人者、小川淳氏が指導。たった1セットで筋肉を限界まで追い込む自宅トレーニング。

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド
日本人初のミスターカリフォルニア・ライトクラスチャンピオン・北島達也氏監修。ハードゲイナーがバルクアップするための具体的方法を解説。

劇的に変化する!ホワイトハルク下田雅人の自宅でできるジャイアントセット
1日15分のトレーニング。筋肉最深部をダイレクトに刺激する110種目を公開。

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ
「月刊ボディビル」で大反響!外科医浅見尚規氏の「筋腹」を意識し、軽いウエイトでバルクアップさせるトレーニング。肩、胸、背中のトレーニングに特化しています。