たんぱく質のとりすぎは腎臓や肝臓をオーバーワークさせることも

たんぱく質には「摂りすぎ」はあるのでしょうか?雑誌Tarzanより

アミノバイタル 30本入箱
「健康維持のためには、体重1kgあたり1gはタンパク質が必要」とはよく言われます。

 

 

また、筋肉を酷使するアスリートなら、その1.5倍(体重1kgあたり1.5g)のタンパク質を摂取すべき、とされています。

 

 

それでは、タンパク質はどれくらいだと「とりすぎ」なのでしょうか?

 

 

どんな栄養素でも、とりすぎは健康に悪影響を及ぼすことがあります。

 

タンパク質でも同様で、過剰摂取量には諸説ありますが、雑誌「Tarzan」では

 

「体重1kgあたり2.0g以上の摂取は控えるべき」

 

としています。

 

 

まず、摂取しすぎるとカロリー過多になり、肥満リスクを上げてしまうことが理由のひとつ。

 

 

もうひとつの理由は、過剰なタンパク質の代謝は肝臓と腎臓に大きな負担をかけることが挙げられます。

 

 

タンパク質分解の過程で発生するアンモニアは体に有害であり、肝臓で無害な尿素に変換されます。

 

その後尿素は腎臓を経由して尿と一緒に体外へ排出されます。

 

 

タンパク質を大量に摂取すると、この処理プロセスが増えるので、肝臓と腎臓のオーバーワーク・過労を招いてしまいます。

 

 

これが継続すると臓器の機能低下リスクも上がります。

 

糖尿病などで腎臓機能が低下した人がタンパク質摂取量を制限するのは、腎臓への負担を軽くするためです。

 

 

ただ、先述のように、体重1kgあたり4.0g摂取しても副作用はない、という説もあるそうです。

 

 

雑誌Tarzan 2015年 3月26日号 No.66818〜19ページを参考にしました。

 

 

ローラ アミノ酸+B 150粒<

DNS BCAAパウダー グレープフルーツ風味 200g

 

 

 

 

 

筋トレ器具・サプリ通販まとめ ティズスタイルやアマゾンへ

山田豊治氏 本物のスロートレーニング
日本に初めてスロートレーニングを紹介した山田豊治氏の教材です。自宅でもできる、本物のスロートレーニングを解説。

小川淳のハイインテンシティトレーニング
ヘビーデューティートレーニングの第一人者、小川淳氏が指導。たった1セットで筋肉を限界まで追い込む自宅トレーニング。

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド
日本人初のミスターカリフォルニア・ライトクラスチャンピオン・北島達也氏監修。ハードゲイナーがバルクアップするための具体的方法を解説。

劇的に変化する!ホワイトハルク下田雅人の自宅でできるジャイアントセット
1日15分のトレーニング。筋肉最深部をダイレクトに刺激する110種目を公開。

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ
「月刊ボディビル」で大反響!外科医浅見尚規氏の「筋腹」を意識し、軽いウエイトでバルクアップさせるトレーニング。肩、胸、背中のトレーニングに特化しています。