入江 陵介選手はアミノバイタルを愛用しています

入江 陵介選手のアミノ酸摂取量・タイミング アミノバイタル

ロンドン五輪の背泳200m、100m、400mメドレーリレーでメダルを獲得した入江陵介選手は、アミノ酸サプリメントとして「アミノバイタル GOLD」を摂取しています。

 

 

その摂取タイミングについて、入江選手は2012年10月のイベントで次のように語っています。

 

練習日は練習前後と寝る前
レース当日もレース前後と寝る前

 

一日にアミノバイタル3〜4本を摂取しているそうです。

 

 

入江選手が寝る前に必ずアミノ酸を補給しているのは理由があります。

 

 

筋肉を作る成長ホルモンの分泌は就寝直後に始まり、分泌量は2時間後にピークになります。

 

 

つまり、筋肉の材料となるアミノ酸を就寝前に摂取しておけば、スムーズに筋肉増強につながるわけです。
これは疲労の回復を早める作用も期待できます。

 

 

また練習後にも速やかにアミノ酸を摂取する必要があります。

 

 

水泳に限らず、何らかのトレーニングを行うと体はすぐに筋肉を修復・合成しようと働き始めます。

 

その際、アミノ酸など必要な栄養分が不足していたり、いつまでも栄養補給がされないと筋肉が分解されてしまうこともあるのです。

 

 

トレーニングを行って直後にたんぱく質を補給すると筋肉の合成が行われますが、トレーニングから三時間経過すると、それからたんぱく質を摂取しても筋肉の分解が進んでしまうことがわかっています。

 

 

トレーニングが終わったら、できるだけ早くアミノ酸を摂取しなくてはいけません。

 

 

アミノバイタル GOLD 30本入箱

アミノバイタル GOLD 30本入箱

 

 

 

関連ページ

川尻達也選手のたんぱく源 ツナ缶
修斗やUFCで活躍する総合格闘家 川尻達也選手はライトツナ・スーパーノンオイルで筋肉を作っています
松井千夏選手愛用プロテインドリンク
スカッシュの松井千夏選手はたんぱく質補給サプリにザバスのプロテインドリンクを愛用しています
イミダペプチドを多く含む食品
渡り鳥が長時間飛び続けられる秘密 イミダペプチド 注目される疲労回復物質 食品の含有量
たんぱく質を構成するアミノ酸 構造や新陳代謝
身体の20%を作るたんぱく質は新陳代謝を繰り返し 2ヵ月で全て入れ替わります
たんぱく質の過剰摂取量は?
たんぱく質をとり過ぎると肝臓や腎臓に負担をかけるとされています 過剰量にはいくつか説があります
右代啓祐選手の食事 肉の食べ分け
右代啓祐(うしろ けいすけ)選手の食事 肉の食べ方 バランス良い食事の中でのたんぱく質を
食材別 たんぱく質含有量ランキング 食べやすさなども考慮
たんぱく質の多い食材 一般的に食べる量や価格 調理のしやすさなども基準としたランキング 雑誌「Tarzan」より ササミや納豆 卵は何位?