イミダペプチドはトリ胸肉 豚ロース 豚モモなどに多く含まれています

疲労回復効果に優れたイミダペプチド 豊富な食材と含有量

鶏の胸肉というと、たんぱく質が豊富で値段も安く、筋トレを実践している人にはうれしい食品です。

 

 

胸肉についているトリ皮の脂肪が気になるという意見もありますが、筋肉を意識する人であれば一度は口にしたことがあるのではないでしょうか。

 

 

ところが最近は、胸肉と言えば「筋肉をつける食品」というより、ある成分による「疲労回復効果」が強調されています。

 

そのある成分とは、イミダペプチドです。

 

 

イミダペプチドはたんぱく質の一種で、鳥の胸肉に多く含まれています。

 

 

例えば、オオハシシギという渡り鳥は、何百kmも休みなく飛び続け、二週間でおよそ1万kmを飛びます。

 

この疲れ知らずの恐るべきスタミナの源が、羽の付け根にあるイミダペプチドであるとして注目されました。

 

 

イミダペプチドには抗酸化作用があり、細胞がさびて傷つくのを防ぐだけでなく、疲労因子の発生を抑制し、細胞の機能低下を抑える働きがあります。

 

 

・・・というと何やら特別な成分のように思えますが、イミダペプチドは身近な食品にも含まれています。

 

 

イミダペプチドを多く含む食品と含有量(mg/100g)を以下にまとめます。

 

鶏胸肉 1223
豚ロース 928
豚モモ 833
カツオ 811
鳥モモ肉 467
牛モモ 265

 

 

普通のたんぱく質も同様ですが、上記の食品を食べても、全てのイミダペプチドが体内に吸収されるわけではありません。

 

 

鳥胸肉であれば、一日100g程度摂取すると、吸収されるイミダペプチド量は200mgほどとされています。

 

 

現在、イミダペプチド関連のサプリメントなどは多数流通しています。

 

 

トレーニングでは、筋肉をつけるための栄養とともに、トレーニングの疲れを早く抜くのも大事なポイントです。

 

 

トレーニング後だけでなく、日頃の疲れがたまっていると感じる時も、イミダペプチド関連食品を利用するのも良いのではないでしょうか。

 

 

このコンテンツは雑誌Tarzan 2014年 4/10号32〜33ページを参考にしました。

 

 

日本予防医薬 イミダペプチド ソフトカプセル 84粒(日本製)

 

 

 

 

 

筋トレ器具・サプリ通販まとめ ティズスタイルやアマゾンへ

山田豊治氏 本物のスロートレーニング
日本に初めてスロートレーニングを紹介した山田豊治氏の教材です。自宅でもできる、本物のスロートレーニングを解説。

小川淳のハイインテンシティトレーニング
ヘビーデューティートレーニングの第一人者、小川淳氏が指導。たった1セットで筋肉を限界まで追い込む自宅トレーニング。

男のセクシーボディメイクプログラム 北島達也のバルクアップメソッド
日本人初のミスターカリフォルニア・ライトクラスチャンピオン・北島達也氏監修。ハードゲイナーがバルクアップするための具体的方法を解説。

劇的に変化する!ホワイトハルク下田雅人の自宅でできるジャイアントセット
1日15分のトレーニング。筋肉最深部をダイレクトに刺激する110種目を公開。

ボディビルダー外科医が医学的見地から教える「効かせる」筋トレ
「月刊ボディビル」で大反響!外科医浅見尚規氏の「筋腹」を意識し、軽いウエイトでバルクアップさせるトレーニング。肩、胸、背中のトレーニングに特化しています。